Ico

ビルの点検

防火対象物点検は、ビル設備の不備による火災の人的被害が、二度と大きなものにならないようにという教訓から生まれた制度です。
1年に一度という頻度で行われるのも、これが大切なことだからです。
この点検を行うことが出来るのは、防火対象物がきちんとその名に恥じない状態にあるかどうかを点検する資格を持っている人に限られています。
有資格者が、この点検業務にあたっているのです。

その名も、「防火対象物点検資格者」と呼ばれている人たちは、講習を受けて考査をパスしてその資格…

Ico

ビルは防火対象物

防火対象物点検は、ビル設備の不備による火災の人的被害が、二度と大きなものにならないようにという教訓から生まれた制度です。
1年に一度という頻度で行われるのも、これが大切なことだからです。
この点検を行うことが出来るのは、防火対象物がきちんとその名に恥じない状態にあるかどうかを点検する資格を持っている人に限られています。
有資格者が、この点検業務にあたっているのです。

その名も、「防火対象物点検資格者」と呼ばれている人たちは、講習を受けて考査をパスしてその資格…

Ico

権原者から報告

防火対象物点検は、ビル設備の不備による火災の人的被害が、二度と大きなものにならないようにという教訓から生まれた制度です。
1年に一度という頻度で行われるのも、これが大切なことだからです。
この点検を行うことが出来るのは、防火対象物がきちんとその名に恥じない状態にあるかどうかを点検する資格を持っている人に限られています。
有資格者が、この点検業務にあたっているのです。

その名も、「防火対象物点検資格者」と呼ばれている人たちは、講習を受けて考査をパスしてその資格…

点検資格者

防火対象点検とは

防火対象物点検は、ビル設備の不備による火災の人的被害が、二度と大きなものにならないようにという教訓から生まれた制度です。
1年に一度という頻度で行われるのも、これが大切なことだからです。
この点検を行うことが出来るのは、防火対象物がきちんとその名に恥じない状態にあるかどうかを点検する資格を持っている人に限られています。
有資格者が、この点検業務にあたっているのです。

その名も、「防火対象物点検資格者」と呼ばれている人たちは、講習を受けて考査をパスしてその資格…

MORE INFO

防火基準点検済

ビルの管理

防火対象物点検を1年ごとに行うことは、ビルの所有者の義務です。火災に対する備えを万全にしておくための、ビル管理の項目のひとつです。
この義務は、消防署などに点検資格者によって作成された点検報告書が提出され、受理されて承認されることで果たされます。
消防署からは、「防火基準点検済」のステッカーをもらえることになります。
「防火セイフティマーク」とも呼ばれているこのステッカーは、点検の義務を果たしたビルの中の、見えるところに貼られることになります。
それがあることで、…

MORE INFO